【バイク教習】自動車学校でおすすめの装備【コスパ重視】

バイク
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!みやこです。

たとえ公道での運転に慣れた人でも、自動車学校での教習や試験には緊張してしまうものです。

慣れない装備やプロテクターの装着で体に力が入り、バイクの操作だけで手一杯。

今回はそんな初心者ライダーに向けて、落ち着いて教習に臨めるように、コスパ重視でおすすめ装備を厳選しました。参考にしていただけたら幸いです!

バイク教習でおすすめの装備

ヘルメット編

視界を広くとるため、ジェットヘルメットをおすすめします。

ツーリングや高速走行では快適性・安全性の観点からフルフェイスヘルメットを選んでほしいですが、教習コース内の速度域ではヘルメット内が暑くなりますし、視界が狭くなるためです。

ジェットヘルメットはちょい乗りや夏場のツーリングで活躍するため、1つ持っていても無駄になりません。

それとシールドはクリアを選ぶようにしましょう。こちらも視界が悪くなる要因ですし、夜間教習で薄暗くなるとスモークシールドでは前が見えなくなります。

OGK KABUTO AVAND-IIがコスパ高いのでおすすめ。

フルフェイスだったらOGK KABUTO KAMUI3がコスパ高いです。グラフィックモデルのラインナップも多いので自分好みのデザインを探せます。

ヘルメットは無料レンタルしている教習所もあるので、ほしいヘルメットが決まっていないのならレンタルでもOKです。ただ、頭の大きい人はサイズが無いかも(私のサイズは無かった)

グローブ編

メッシュグローブか軍手がおすすめです。

革製のグローブはデザイン性が良く、防御力も高いですが、使いはじめが固いためスロットル操作やボタン操作が思うようにいかないことがあります。

メッシュのグローブは操作性が抜群ですし、夏場のツーリングで活躍するためおすすめです。

シューズ編

トレッキングシューズ(登山靴)がおすすめです。

バイク専用のライディングシューズは高価ですし、重たいので疲れます。

とはいえワークマンの作業靴を選ぶと、ソールが無いため足のポジションに困ることになります。

トレッキングシューズはコスパ、使用感ともに最高のライディングシューズになります。

¥18,646 (2024/07/16 20:48時点 | Amazon調べ)

レディース用だとカラフルでかわいいデザインのものもあります。

¥13,200 (2024/07/19 22:29時点 | Amazon調べ)

レインウェア編

二輪教習は小雨であれば決行されます。

雨の日はキャンセルをする方も多いので、代わりに出席すればその分早く免許を取得できます。

レインウェアは教習所で無料レンタルもあるかと思いますが、レンタル品は破れていたり、不潔だったりします。

どのみち持っておきたい装備ではあるので、買ってしまいましょう。

おすすめはワークマンのレインウェアです。

ワークマン:3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS (バイカーズ)

台風の中で使ったことがありますが、浸水は全くありませんでしたし、透湿なので蒸れにくくなっています。コンパクトに収納できるのも特徴で、積載の限られるバイクに最適。

バイク用品メーカーのものは高価なので、コスパを重視するのならワークマンをおすすめします。

Amazonでベストセラー1位のネームレスエイジのレインウェアはカラーが多いですが、ワークマンより少し高いです。女性だったらこっちの方がいいかな。

注意

二輪教習でのおすすめ装備としてヘルメット、グローブ、シューズ、レインウェアを紹介しました。

教習所によっては「女性はフルフェイスヘルメット限定」や「大型二輪教習は革手袋、ライディングシューズ限定」など、ルールがあるようです。

申し込みの際に教習所へ確認するようにしましょう。


最後まで読んで頂きありがとうございました。記事の内容は以上になります。

よろしければ、もう1本記事を読んでいただければ嬉しいです。

以上みやこでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました